歌手

大橋純子今現在の年齢や結婚、代表曲などプロフィールは?病気でがん克服して復帰!

「シルエット・ロマンス」という曲が大ヒットして、
一躍有名になった歌手の大橋純子さん。

現在どうしているのかな?
なんて思っていたら、

2019年4月4日に放送される、
【決定版!日本の名曲グランプリ】に出演されるそうですね。

この番組は、

昭和から平成に大ヒットした名曲、日本人に愛された名曲

ということで、
様々なお宝映像と共に名曲を振り返るといった内容となっていて、

また1万人が選んで、
デュエットソング部門・平成に旅立ったスター部門・CM部門
などといった部門のグランプリも発表されるということなので、

・・・地元民放での放送はない筆者の住む地域ですが(涙)
幸いにもケーブルテレビでの視聴が出来るのでとても楽しみです!!

さて今回この番組のゲストに大橋純子さんが出演され、
名曲を歌うそうですが、

大橋純子さん・・・どうやら「がん」を患っていたそうで、
この番組で復活のステージを披露されるとのことなので、

これは楽しみですね!!

ということで今回は、
大橋純子さんについてプロフィールなどを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク    

大橋純子、プロフィール

大橋 純子(おおはし じゅんこ)

  • 生年月日:1950年4月26日
  • 血液型:A型
  • 学歴:北海道夕張北高等学校
    → 藤女子短期大学
  • 出身:北海道夕張市
  • 受賞歴

    1977年 第3回マジョルカ世界音楽祭「シンプル・ラブ」第3位入賞。
    1977年 東京音楽祭国内大会「シンプル・ラブ」シルバー・カナリー賞受賞。
    1977年 第6回東京音楽祭世界大会「シンプル・ラブ」外国審査員団賞受賞。
    1978年 第20回日本レコード大賞「たそがれマイ・ラブ」金賞受賞。
    1979年 第8回東京音楽祭世界大会「ビューティフル・ミー」最優秀歌唱賞受賞。
    1979年 第1回TBC世界歌謡祭「ビューティフル・ミー」(英語バージョン)グランプリ受賞。(韓國, ソウル)
    1982年 第24回日本レコード大賞「シルエット・ロマンス」最優秀歌唱賞受賞。
    1992年 第34回日本レコード大賞「愛は時を越えて」編曲賞受賞。
    ウィキペディアより引用)

 

実家は食堂を営んでいたという大橋純子さんは、
4人きょうだいの末っ子だったとのこと!

小学生の頃からポップスに興味があったそうですが、

短大時代には北海道大学で軽音楽のサークルでバンド活動されたり、
HBCラジオでは深夜放送でDJを務めるなど、

学生でありながら地元では注目されていた存在だったんでしょうね。

そして1974年に上京した大橋純子さんは、
ヤマハ音楽振興会でアルバイトをしながらバンド活動もやっていたそうですが、

ここで音楽関係者の耳に入り、

レコード会社のオーデションを受けたところ、
これに合格!

アルバム「フィーリングナウ」で歌手デビューしました。

そして1976年には発表した2作目のアルバム「ペイパームーン」、
コチラにタイトル曲が大橋純子さんの最初のヒット曲となるのですが、

1977年にはソロ活動だけでなく、
「大橋純子&美乃家セントラル・ステイション」でバンド活動をしたところ、

ここでは「シンプル・ラブ」と言う曲がヒット!

「日本人離れした歌唱力と音楽性」が高く評価され、
注目されるようになった大橋純子さん。

それからというもの、
ソロでもヒットを連発し、

【獅子のごとく】の主題歌となった10枚目シングル、
「たそがれマイ・ラブ」は第20回日本レコード大賞の金賞を受賞!


(YouTubeより)

また先にも記載した、
「シルエット・ロマンス」は1981年11月の発売だったものの、
ロングヒットした楽曲となり、

「たそがれマイ・ラブ」以来、
【ザ・ベストテン】へのランクインを果たした曲となり、

コチラも、
第24回日本レコード大賞で最優秀歌唱賞を受賞されました!

そしてこれ以外でも大橋純子さんは、

  • サファリ・ナイト
  • ビューティフル・ミー
  • 愛は時を越えて

・・・などといった楽曲でもヒットし、
その後も変わりなくずっと音楽活動を続けて来られてきました。

2004年にはデビュー30周年を受けて、
アルバム「trinta」をリリースされたのですが、

このアルバムでは親交のあるアーティストが数多く参加されている、
ということで、

その参加アーティストというのが、

中西圭三(作曲者)・及川眠子(作詞者)・崎谷健次郎(作曲者)・和田春比古(編曲者)・佐藤健(作曲者)・只野菜摘(作詞者)・加藤大祐(作曲者)・土屋昌巳(作詞者)

なかでも中西圭三さんとは、
デュット曲が収録されているということなので、

これは必聴ですね!!

また2005年にはディック・リーの楽曲提供によるシングル、
「残響」を発売されたことでも話題になった大橋純子さん。

2007年には出身地の夕張市が財政再建団体の認定を受けたことで、
街を応援するために夕張応援チャリティカヴァーアルバムをリリース。

コチラのアルバム「Terra」は北海道出身のアーティストの楽曲を、
大橋純子さんがカバーしているといった内容となっており、

本作は、中島みゆき、松山千春、安全地帯、DREAMS COME TRUEなど、同じ北海道出身のアーティストの名曲に挑んだ、夕張応援チャリティ・カヴァー・アルバム。「時代」「季節の中で」「ワインレッドの心」「LOVE LOVE LOVE」といったヒット曲の数々をアコースティック・アレンジで収録する。
https://item.rakuten.co.jp/guruguru2/vpcc-81568/

大橋純子さんがこれらの名曲を歌っている、
ということで、

とても興味深いですね^^

ぜひ聴いてみたいです♪

 

スポンサーリンク
 

大橋純子、結婚は?

ところで大橋純子ってご結婚されているんでしょうか?

調べたところ、

大橋純子さんは1979年に、
作曲家の佐藤健(さとう けん)さんとご結婚されています!

この方はかつて大橋純子さんが組んでいたバンド、
「大橋純子と美乃家セントラル・ステイション」のメンバーの一人で、

大橋純子さんの楽曲の提供もされている方なんですね。

ちなみにその楽曲ですが、

シンプル・ラブ
ミスター・スマイル
坂の上の家
クリスタル・シティー
スターライト・トレイン
サファリ・ナイト
ビューティフル・ミー

これらの楽曲を提供されていて、
また先に記載したアルバム「trinta」にも参加されるなど、

夫婦で作品を手掛けているんですね^^

 

大橋純子のがんとは?

最後に大橋純子さんが闘病されていた・・・
とあるのですが、

大橋純子さん実は、
2018年3月に「食道がん」を公表されました。

胃カメラの定期検査で異常が見つかったことから、
精密検査をしたところ、

ここで早期の食道がんが見つかったそうです。

早期ということで、
症状も全く見られなかったということなので、

定期検査で運よく発見できて良かったですよね。

とはいうものの、
治療のため2018年4月以降の仕事を全てキャンセルした、
大橋純子さん。

2019年3月に放送された【ミヤネ屋】での出演が、
約1年程の療養生活からの復帰ということになりますので、

食道・・・ということで、
後遺症も心配ではありますが、

それでも今回の特番のステージ、
本当に楽しみです!!!

そしてこれから少しずつ活動を再開されていくと思いますが、
現在60代も後半の大橋純子さん。

無理しない程度にどうかこれからも頑張って歌を歌い続けてほしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)