あの人は今・・・

ピューマ渡久地今現在は病気で妻と離婚?平成の三羽烏が記憶を失うイケメンボクサーPで爆報に出演

ボクシング界の「平成の三羽烏」といえば、
鬼塚勝也さん・辰吉丈一郎さん、
そしてピューマ渡久地さんの名前が出てきますが、

2018年4月6日に放送される【爆報!THEフライデー】に、
「記憶を失った有名人P」・イケメン天才ボクサーとして、

この中から誰か出演されるそうです。

記憶が消えていく病・・・と予告にあるので、
これは穏やかではない話ですね。

それは一体誰のことなのか?とても気になりますが、

イニシャルが「P」とあるので、

それはおそらく、
ピューマ渡久地さんのことでは間違いないとは思います。

ということで今回は、
ピューマ渡久地さんについて、
簡単なプロフィールと今現在について、

調べてみたいと思います。

※番組の内容を追記しました

(主な内容)

  • ピューマ渡久地 プロフィール
  • ピューマ渡久地は離婚している?
  • ピューマ渡久地のボクシングジムは?
  • ピューマ渡久地、記憶が消えていく病と今現在について
スポンサーリンク    

ピューマ渡久地 プロフィール

ピューマ渡久地(ぴゅーま とぐち)


(YouTubeより引用加工・現役時代のピューマ渡久地)

  • 本名:渡久地 隆人
  • 生年月日:1969年11月20日
  • 血液型:A型
  • 身長:161cm
  • 学歴:興南高等学校 卒業
    日本大学獣医医学部 中退
  • 出身:沖縄県(旧)石川市
  • 主な戦歴:元全日本フライ級新人王
    元日本フライ級第36代・42代チャンピオン(通算5度防衛)
    元WBC世界ランキング8位

ピューマ渡久地さんはボクシングの元・日本フライ級の王者!

ボクシングを始めたのは高校入学してからということですが、

1987年のインターハイでは、
後にWBC世界スーパーフライ級王者となる川島郭志さんには敗れたものの、
フライ級でピューマ渡久地さんは準優勝となる経歴を始め、

沖縄県チームとして出場した海邦国体では優勝するなど、
アマチュア時代から活躍し、

18歳でプロ入りしたピューマ渡久地さんは、
1988年にプロデビューしました。

そしてプロデビューしてからはというと、

  • 全日本新人王(MVP)
  • A級トーナメント優勝(MVP)
  • 日本プロスポーツ大賞
  • 内閣総理大臣新人賞

などといった、
ボクシングの賞を総なめにし、

またインターハイで決勝で惜しくも敗れた相手・川島郭志さんと、
再び東日本新人王トーナメント決勝で戦い、

この時は6回TKOでピューマ渡久地さんが勝利!

またデビューから10戦目で日本王座に初挑戦したピューマ渡久地さんは、
ここで日本王座を獲得したのですが、

それもデビューからずっとKO勝ちの連続だったそうなので、

相当強かったんだなということが、
ボクシングに詳しくない筆者でもよく分ります!

ちなみにこの連続KO勝ちの記録ですが、
連続で「11」まで伸ばしたというピューマ渡久地さん。

この記録は日本歴代3位の記録なんだそうですよ?

まさに!
「平成の三羽烏」の名に相応しい記録を持っている方だと言えます。

さてピューマ渡久地さんのプロ通算成績ですが、
27戦23勝でうちKO勝ちは19。

戦歴の殆どが勝ちのボクシングだったようですが、

そんなピューマ渡久地さんがなぜ引退することになったのかというと、

1998年12月にWBA世界スーパーフライ級王者に挑戦することになった際、
脳梗塞の疑いがあると言われたことで試合が中止になったのですが、

脳梗塞の診断については実は誤診だったものの、
しかしながらここからリング復帰までに1年以上かかり、

1999年に1年4ヵ月ぶりに試合復帰するものの、

残念ながら3回のTKO負けとなったピューマ渡久地さんは、
ここで引退することになりました。

 

スポンサーリンク

 

ピューマ渡久地は離婚している?

ところでピューマ渡久地さんは、
所属していたジムとトラブルになって失踪したことが原因で、
プロボクサーの現役時代に無期限ライセンス停止の期間があり、
2年半ものブランクがあった時期がありましたが、

ちょうどその頃に交際していたという、
生田聡美さんという女性と1993年8月に入籍されました。

そしてふたりの間には二女一男の子供がいるそうです。

ところで生田聡美さんにはウィキペディアのページがあるので、
芸能人か何かなのか?と思いきや・・・

そういうことではなく^^;

実は「プロボクシングマネージャー」をされている方なんですね!

そして聡美さんがなぜ、
ボクシングマネージャーになったのかというと、

ピューマ渡久地さんらの影響でボクシングに興味を持つようになったことで、

ボクシングについてご自分で研究されるようになり、

こういったことから現役時代のピューマ渡久地さんの、
トレーニングメニューや減量などについて、
トレーナーの代わりにサポート管理してこられたそうです。

こうして公私共にピューマ渡久地さんを支えてきた、
妻の聡美さんですが、

実は2006年に離婚されていたんですね。

 

なぜピューマ渡久地さんと妻の聡美さんが離婚したのか?
その原因についてですが、

ピューマ渡久地さんの引退後お2人はジムを夫婦で経営し、
選手を育てていました。

しかしピューマ渡久地さんは、
ストレスからか・・・お酒を飲むようになり、

しかもそれだけでなく、

ピューマ渡久地さんは酔ったまま、
ジムに顔を出すようになったとの事。

そういったことが原因で、
お2人は離婚されたそうです。

しかしながらジムの経営に携わっている聡美さんは、
所属している選手のためにも、

離婚後してもジムに残って、
ピューマ渡久地さんのパートナーとしてそばにいたそうです。

 

ピューマ渡久地のボクシングジムは?

さて生田聡美さんこと渡久地聡美さんは、
現役時代のピューマ渡久地をサポートしてきたという経験から、
JBC日本ボクシングコミッションによって、
プロボクシングのマネージャーのライセンスを交付されているのですが、

こういったことからも、
ピューマ渡久地さんが名誉会長を務める、
【ピューマ渡久地ボクシングジム】の経営に携わっており、

コチラのジムのwebサイトを拝見すると、

名誉会長の名前にピューマ渡久地さんこと、
渡久地隆人さんの名前とともに、

会長として、
渡久地聡美さんの名前も記載されていて、

そしてプロボクサー―となる選手を育てているそうです。

ちなみにピューマ渡久地さんが経営するこのボクシングジムですが、

ボクサーを育てるためにトレーニングするだけではなく、
栄養面や精神面もしっかりサポートすると書いてあるのですが、

プロボクサーを育てるといった目的だけでなく、

ダイエットを目的としたボクシングとしても、
専門的な知識などを生かしたサポートをするそうなので、

本気でダイエットするためにボクシングを始めたい女性は、
まずは1日体験入学してみるのもいいかもしれません^^

【ピューマ渡久地ボクシングジム】

  • 住所:東京都港区東麻布1-25-3 富田ビル2F
  • TEL:03-3583-6007
  • 営業時間:平日 13:00~22:00(最終受付は21:00まで)
    土曜  12:00~20:00(最終受付は19:00まで)
    日曜  14:00~17:00(最終受付は16:00まで)
  • 定休日:月曜・試合当日・祝日
  • webサイト:http://www.puma-gym.com/

 

※ちなみにコチラは、
渡久地聡美さん著書のダイエット本!

餃子とダイエット・・・?
何だか不思議な組み合わせですが。

でも美味しく食べて痩せれるなら、
これはとても興味深いですよね^^

 

ところで【爆報ー】で取り上げられた、
ピューマ渡久地の「記憶が消えていく病」についてですが、

これは一体どういった病気なんでしょうか?

 

この続きは次のページへ!

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)