TV番組から発見!
気になる人たち
昭和のスターから平成のアイドルまで
令和の今だからこそアナタに伝えたい。
番組の感想や気になったこと

舌がんの芸能人は?口内炎との見分け方や初期症状,何科へ診療するの?

1982年デビュー組のアイドルのひとり、
タレントの堀ちえみさんが舌ガン(口腔癌)を公表されました。

しかもステージ4で、
左首のリンパにも転移しているとのことで、
2019年2月22日に12時間にも及ぶ大手術をされるということなので、

とっても心配ですよね・・・

なんといっても現在7人の子供のお母さん、
ということもありますので、

どうか手術が成功されることを願います。

ところで舌ガンというと、
珍しい病気のような気がしますが・・・

筆者はこの病名を聞くと必ず思い出す芸能人がいるんです。

スポンサードリンク

舌ガンになった芸能人といえばチェッカーズのクロベエ

実際に多くの芸能人がガンを公表されていますが、
なかでも舌のガンというとそんなに聞いたことがない印象があります。

ですが・・・
実はかつて俳優の石原裕次郎さんも、
この舌ガンを患っていたそうですし、

何よりも。
筆者も大好きだったチェッカーズのドラム・クロベエこと、
徳永善也さん。

40歳という若さでお亡くなりになっていますが、

その原因というのが・・・舌ガンだったんです。

舌ガンを患ってからクロベエさんは入退院を繰り返していたそうで、

闘病中であろう時期に収録されたライブDVDを拝見した時、
舌ガンの影響からかしゃべりづらいのかな・・・っていう印象がありましたが、

それからしばらくして残念なことに、
クロベエさんは2004年8月17日に亡くなってしまいました。

まだ40歳という若さということもショックでしたが、
同時にチェッカーズの再結成もこれでもうないんだろうな、
なんて思うと、

クロベエさんの死は本当に悲しかったですし、

同時に舌ガンって怖いな、
なんて思いました。

ところで今回は堀ちえみさんが、
クロベエさんと同じ舌ガンということを公表され、

クロベエさんの時のことを思い出してしまうだけあって、
本当に心配になるのですが、

しかしながらクロベエさんが亡くなってから、
15年以上も経っていますので、

きっと当時よりも今は医療が発達していると思いますので、
治療の質も向上しているのではないかと・・・思いたいですね。

 

スポンサーリンク

 

舌ガンの初期症状は?

ところで堀ちえみさんはリウマチの薬を服用されていたことから、
最初その薬の影響で口内炎が出来ていたと思っていたそうですが、

昨年夏に出来た口内炎がなかなか治らないどころか、
次第に痛みが強くなり出したことで病院へ行ったところ、

舌ガンが見つかった、
それも進行した状態で・・・とのことなので、

わずか半年ほどの期間にかなり進行する、
怖い病気なんですね・・・

その舌ガンですが、
初期症状というのがどうやら本当に、
口内炎と同じような感じなんだとか。

ですが・・・
口内炎の場合はとても痛く、
しかし1週間程度で治りますが、

舌ガンの場合は痛みがない代わりに、
2週間以上経っても治らないとのこと。

なので逆に、
舌にできものがあっても痛みがないことで、
気付かずに放置しがちになるのかもしれませんね。

そして舌ガンは年間7000人位の人が発症している病気で、
初期段階のステージ1だと9割が完治すると言われているものの、

約6割の人は進行した状態で初めて、
病院で診断を受けるとか・・・

なので舌ガンは早期発見することが大事とも言えます。

 

舌ガンの原因は?

舌ガンというと、
クロベエさんもそうだったと思いますが、

飲酒と煙草でなりやすいと言われていましたが、

これだけが原因ではないんすね。

TV番組で見た情報によると、

「外的な刺激」が舌ガンを発症する原因となる場合があるとか。

どういうことかというと、
例えば歯並びが悪かったり合わない入歯を入れることで、

慢性的に舌に刺激を与えたり、

また虫歯の治療を放置することで、

発症のリスクが高まるらしいのです。

ということは・・・
飲酒や煙草をしない女性でも、
発症のリスクがあるとも言えるんですね。

 

舌ガンのセルフチェック方法

痛みがなくいつの間にか進行しているかもしれない・・・舌ガン。

これをいかに早く見つけるのか、
ということで、

これは自分の舌をチェックしていくしかないんでしょうね。

そのチェック方法は?

舌の側面や裏側に、

  • 赤や白に変色した部分はないか
  • 「しこり」はないか

これらを確認して、
「痛くない口内炎」らしきものがあったら、

念のため早めに病院に行った方が良いのかもしれません。

ちなみに口内炎と似た症状で今回の舌ガンがありますが、
他にもベーチェット病というコチラも深刻な病気ということなので、

たかが口内炎・・・と放置してはいけないんですね。

 

舌ガンの診療科は?

では舌ガンかもしれない・・・
そう思った時どこに行けばいいのか?ということですが、

歯科・・・それも、
「歯科口腔外科」という専門の科を受診されたほうがいいみたいです。

また耳鼻咽喉科も専門になるので、

これらの科を早めに受診されることをおススメします。

しかしながら堀ちえみさんの場合、
早めに病院へ行ったものの口内炎と当初診断されていたことで、
塗り薬やビタミン剤の処方や患部をレーザーで焼いたりしたものの、

結果的には口内炎ではなく舌ガンだったことから、

なかなか病院でも見逃されやすい病気なんでしょうね。

ですが堀ちえみさんがこうして公表されたことで、
これから更に認識が広がり早期発見されやすい病気になるかもしれません。

とりあえずTVで見た情報をまとめると、
舌ガンの見分け方のポイントとして、

  • 痛くない口内炎で2週間以上治らない
  • 舌の周りの変色やしこりに気を付ける
    (白くなったり赤くなったり・・・など)

口の中に口内炎らしきものがあるのに痛くない・治らない時は、
とりあえず早めの病院へ行くことが大事ですね。

そして大がかりな手術を受ける堀ちえみさんですが、
同様にステージ4でも治っている方もいるので、

堀ちえみさんが無事手術に成功し復帰されることを、
願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)