スポーツ

井村久美子は末續慎吾が勝てなかった天才美女!今現在の活動や結婚などプロフィールや亡き親友は誰?

国内外で活躍する陸上選手のひとり、
200m日本記録保持者の末續慎吾さん。

その末續慎吾さんがかつて競って勝てなかった相手、
というのが女性・・・しかも美女!?

ということで、

2019年6月23日に放送される、
【消えた天才】に登場するそうですが、

その天才美女って一体誰のことなんでしょうか?

≪主な内容≫

  • 末續慎吾が勝てなかった美女は井村(池田)久美子!
    井村久美子、プロフィール
  • 井村久美子、結婚や子供は?
  • 井村久美子が復活したキッカケの亡き親友って?
    親友・森千夏のプロフィール
スポンサーリンク    

末續慎吾が勝てなかった美女は井村久美子!

まずは末續慎吾さんに「衝撃というかトラウマ、けた外れ」
と言わせるぐらいスゴイ女子選手がいたということなんですが、

これは一体誰のことなのでしょうか?

 

調べたところ、
この選手の名前は井村久美子さんという方。

かつて「池田久美子」・・・「イケクミ」の愛称で、
走り幅跳びといった競技で活躍された選手だそうです。

池田久美子さんこと井村久美子さんは、
小学生の時に出場した「全国小学生陸上競技交流大会」にて、
なんと!走幅跳で末續慎吾さんに勝ってしまったことから、

これにショックを受けた末續慎吾さんが走幅跳をやめるキッカケとなった、
というエピソードがあります。


(番組予告動画より)

 

また末續慎吾さんと同学年という井村久美子さんは、
内藤真人さん・澤野大地さん・醍醐直幸さんらと合わせて、

「80年度世代」「(1998年)丸亀インターハイ世代」

そう呼ばれていたほどの、
スゴイ選手だったんですね!

 

それでは井村久美子さんとはどんな選手なのか?
プロフィールをまとめてみたいと思います。

 

井村久美子、プロフィール

井村 久美子(いむら くみこ)

  • 旧姓:池田 久美子
  • 生年月日:1981年1月10日
  • 血液型:B型
  • 身長:166cm
  • 学歴:酒田市立松原小学校
    →酒田市立酒田第三中学校
    →日本大学山形高等学校→仙台育英学園高等学校
    →福島大学卒業
  • 過去の所属:スズキ陸上競技部(2008年11月に退社)
    →アイディアメンタルトレーニングセンター(2013年6月現役引退)
  • 出身:山形県酒田市

池田久美子さんこと井村久美子さんは、
小学2年生のときから陸上を始めたそうですが、

末續慎吾さんに勝ったという小学6年生の時には、
走幅跳で5m18という記録を残し、

中学生のときには、
5m97という「12歳年齢別世界記録」をマーク。

そして「全国中学校体育大会陸上競技女子共通走幅跳」で3連覇し、

さらには、
「走幅跳・100メートルハードル・100メートルジュニアハードル」
といったこの3種目で、

なんと日本中学記録を樹立したこともあるという、

まさに!「驚異の天才少女」!!

ですが・・・
高校の時にはトップクラスの好成績を残し国民体育大会で優勝するものの、
インターハイ制覇することが出来ず伸び悩んだ時期があったみたいですが、
(とはいえ全国高校総体で2位という成績を残していますが)

その後大学に進学し、
技術面の改良や体質改善など行っていった結果、

次々に国内外の大会で高い成績を収めていきました。

 

そんな井村久美子さんの主な成績がコチラ!!

1992 全国小学生陸上 優勝 5m14cm

1993 全日本中学生陸上 優勝 5m78cm

1994 全日本中学生陸上 優勝 6m04cm

1995 全日本中学生陸上 優勝 6m12cm

1997 全国高校総体 2位 6m07cm

2000 世界ジュニア選手権 3位 6m43cm

2001 世界選手権 11位 6m49cm

2006 日本記録樹立 6m86cm / アジア大会 優勝 6m81cm

2008 北京オリンピック 6m42cm

2010 日本選手権 優勝 6m31cm

2011 日本選手権 優勝 6m39cm
(出典:http://www.imura-a-a.jp/academy/index.html)

 

ちなみに自己ベストは、

  • 走幅跳:6メートル86(日本記録)
  • 100メートルハードル:13秒02(日本歴代2位)
  • 100メートル:12秒00

日本記録も保持されているというのですから、
これだけ見ても井村久美子さんってスゴイ方だったことが分かります。

 

ちなみに井村久美子さんの家族ですが、

祖父が戦争で中止になったという幻の「東京オリンピック」にて、
陸上競技男子110mの代表候補だったという池田彌さんという方で、

父親はかつて仙台育英高等学校陸上競技部のコーチをされていた、
池田実さんということなので、

井村久美子さん自身、
元々こうした陸上の素質があったとも言えそうですね!

 

井村久美子、結婚や子供は?

ところで井村久美子さんは、
かつて「池田」という苗字だったということから、

現在ご結婚されて、
「井村」という苗字になったわけですが、

旦那さんはどんな方なのでしょうか?

調べたところ旦那さんは元々は陸上の選手で、
2歳年下の井村俊雄さん。

高校総体では棒高跳びで2連覇を制したことがあるだけでなく、
大学でも日本一になった経験があり、

出会った当時は、
鈴鹿サーキットでレース運営の仕事に携わっていたのだとか。

年下とはいえ、
旦那さんも同じ陸上競技をやっていたことから、

きっと気があったのでしょうね^^

 

井村久美子さんは2008年に、
井村俊雄さんとご結婚されましたが、

この時生活拠点が三重県鈴鹿市になったことで、
大学卒業して以来長年所属していたスズキ陸上競技部を退職。

ですが結婚後も、
現役の選手として2013年6月まで活動を続けていて、

しかも夫の井村俊雄さんは、
現役選手としてロンドンオリンピック出場を目指す妻の井村久美子さんのために、
勤めていた会社を辞めてコーチとして夫婦でオリンピックを目指したんだそうです!

そして井村久美子さんが現役引退した後は、

子供たちがもっと楽しく運動できる環境を作りたいと思った
(引用:http://tsukubaway.com/column/entrepreneur/2348

という理由から、
夫婦で「イムラアスリートアカデミー」を開設。

井村久美子さんは小中学生に陸上を教える、
といった活動をされています。

 

ちなみにおふたりに子供はいるのか?
ということですが、

調べたところ、
井村久美子さんは2017年に娘を出産されていますが、

出産直前まで、
グラウンドで子供たちに指導していたそうで、

しかも妊娠7ヶ月まで小走りで走幅跳を跳んでいて、

臨月のときにもやってみたくなってつい跳んでみたら・・・
その夜に臨月が来たという、

そんなエピソードがインタビューで紹介されていました^^;

 

※次のページでは井村久美子さんが復活したキッカケとなった、
亡き親友について記載いたしました。

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)