ミュージシャン

なかざわけんじH2O歌手の今現在、年齢・活動などプロフィールや解散理由は?

アニメ【みゆき】の主題歌として、
大ヒットしたアニメソング「思い出がいっぱい」。

まだ子供だった筆者はこの歌を初めて聴いたとき、
なんてステキな歌なんだろうと。

当時大好きな楽曲だったひとつでした。

そしてこの楽曲は「H2O」という2人組が歌っていた、
ということは知っていたものの、

どんな人たちなのか?ということについては、

当時自分が子供だったことと、
今のように調べる手段が雑誌とかしかない時代だったこともあって、

どんな人たちが歌っているのかというのは、
正直あんまり知りませんでした・・・

それが近頃では、
H2Oのメンバーのひとり・なかざわけんじさんが、
時折バラエティ番組に出ているようで、

2019年8月15日の【人間観察バラエティ!モニタリング】では、
カラオケ店でお客さんの前で「思い出がいっぱい」を披露するそうなので、

いくらカラオケとはいえ・・・これは必見ですねww

ということで、
H2Oのメンバー・なかざわけんじさんについて、
今回は知べてみたいと思います。

≪主な内容≫

  • なかざわけんじ、プロフィール
  • 思い出がいっぱいがヒット!H2Oって?
  • なかざわけんじ、今の活動は?
スポンサードリンク

なかざわけんじ、プロフィール

なかざわ けんじ

  • 本名・旧芸名:中沢堅司
  • 生年月日:1957年6月12日
  • 学歴:上田市立第三中学校
    ※H2Oの赤塩正樹は中学の同級生
    →高校・大学へ進学
  • 出身:長野県 上田市
  • 現在、熊本県菊池郡大津町 在住

なかざわけんじさんは長野県のご出身なんですが、

現在はどうやら、
熊本県菊池郡の大津町にお住まいで、

2017年に発生した熊本地震を経験されており、
一時は人吉の親友の家に避難されたとか?

またこの震災の時のインタビュー記事で、
「義母」のことについて触れていることから、

熊本にお住いの理由は、
奥様の実家があるからなのかもしれませんね。

 

なかざわけんじさんは大学時代にH2Oを結成して以来、

ソロはもちろん、
楽曲の提供や他のアーティストとコーラスでの参加など、

音楽活動をされており、

また時折バラエティ番組を中心に、
TV出演などもされています。

スポンサーリンク

思い出がいっぱいがヒット!H2Oって?

それではここで、
男性デュオ・H2Oについてまとめてみましょう。

H2Oはなかざわけんじ(中沢堅司)さんと、
赤塩正樹さんとの二人で結成されたフォークデュオ。

お2人は元々中学生の同級生で、

互いに別々の高校へ進学したものの、
「スプリング・ブリーズ」というバンドを作り活動していました。

しかし大学進学を機にバンドは解散。

ですが大学進学したなかざわけんじさんと赤塩正樹さんは、
2人で音楽活動をすることになり、

「化学反応をおこしたい」といった意味合いも含めて、
デュオ名をH2Oと名付け、

デモテープを送るといった活動を開始しました。

そしてそのデモテープが認められたことから、
ミュージシャン・林立夫さんの紹介で、

芸能事務所・アミューズに入ったのが、
大学2年生の時だったとのこと。

そこからプロになるために、
プロデューサーから直すように言われながら楽曲を作り続けた結果、

1980年に、
薬師丸ひろ子さんの主演映画の挿入歌でデビューすることになります。

ちなみにその映画ですが、

【特命係長 只野仁】でお馴染みの、
柳沢きみおさん原作漫画を実写化した作品【翔んだカップル】。

この映画の挿入歌「ローレライ」でH2Oはデビューしましたが、

その後この作品がTVドラマ化された時の主題歌もH2Oは担当することになり、
主題歌に起用された「僕等のダイアリー」もヒット!

やはり人気作品の主題歌というのは注目されやすいので、
特に新人歌手にとっては大きなチャンスだったのではないでしょうか。

ですがそれからはしばらく、
ヒットに恵まれず、

そこで起死回生を図ったシングルが、
5枚目の両面シングル「想い出がいっぱい/10%の雨予報」。

これがアニメ【みゆき】の主題歌に起用されたことで、

特に「想い出がいっぱい」は、
ベストテン番組にランクインするほどの大ヒットとなり、

H2Oは一躍有名になりました。

しかしその後、
同じく【みゆき】の主題歌に起用された、
「Good-byeシーズン」を出したH2O。

この歌もとってもいい歌だったんですが、
「思い出がいっぱい」程のヒットにはならなかったらしく、

その後はイマイチ人気が上がらなかったようで・・・

しかもお2人はオリジナル曲での活動を望んでいたにも関わらず、
事務所の方針でシングルは全て有名な作詞作曲家が手掛けたものだったー

「思い出がいっぱい」も自分たちのオリジナル楽曲ではなかったことから、
ヒットを手放しでは喜べなかった部分があったそうで、

またヒットすることで、
「青春ソング」のイメージが定着してそれに脱却できなかったことや、

フォークデュオという形態の音楽が、
アイドルやバンドが人気だったこの時代には合わなくなった?

そのような理由もあって、

1985年にH2Oは解散となります。

 

そしてその後は別々の活動を行っていたお2人でしたが、

なんと1999年にH2Oは再結成。

再結成後は、
ご出身の長野県上田市の市制80周年イメージソングを手掛ける、
といった活動をされたH2Oでしたが、

2003年に再び解散。

現在はH2Oとしての活動はやっていないと思われます。

 


(YouTubeより・おそらく再結成した後の動画だと思われますがやっぱり名曲!)

 

※H2O・赤塩正樹さんについてはコチラ!
赤塩正樹・H2Oの今現在の活動や経歴が気になる!

 

なかざわけんじ、今の活動は?

H2O再結成→再び解散し、
すでに10数年以上経っていますが、

なかざわけんじさんは先にも記載していますが、
現在は熊本県在住で、

お住まいの熊本では、
RKKラジオで【なかざわけんじとすみママの想い出がいっぱい】という番組を、
現在担当されているそうです。

また変わらず音楽活動をされていて、

熊本や隣県でのライブ活動だけでなく、
全国各地でライブ活動を精力的に行っており、

2019年5月にはアルバムも発売。

さらに2020年はデビュー40周年!

還暦を過ぎてもなお、
熊本を中心に活動しているなかざわけんじさんですが、

【人間観察バラエティ!モニタリング】に出演し、
カラオケで歌を披露するということなので、

番組を楽しみにしたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)