ザ・ノンフィクション

松尾茜、結婚は?経歴などwiki風プロフィールとブータンへの行き方について

「世界一幸せな国」ということで、
一時話題になっていた国・ブータン王国。

このブータンで観光開発の仕事をしてきたという、
ひとりの日本人女性がいるのですが、

2018年4月1日の【ザ・ノンフィクション】では、
この女性・松尾茜さんという方が取り上げられます。

松尾茜さんというと実は2016年に出演されていて、
この時はブータン人の男性に告白され、
そしてプロポーズを受けていましたが、

その後どうなったのか?

気になる人も多いと思います。

ということで今回は、
松尾茜さんについて調べてみました。

スポンサーリンク    

松尾茜 wiki風プロフィール

松尾茜さんは一般人なので、
ウィキペディアがありません。

そこでプロフィールをネット情報などでまとめてみました。

松尾 茜(まつお あかね)

  • 2018年3月現在33歳
  • 学歴:慶応義塾大学文学部 卒業
  • 出身:東京都杉並区荻窪
  • 家族:両親・弟

松尾茜さんは中学生の時マザーテレサについて学んだことがキッカケで、
ひとりでも多くの人を幸せに出来る仕事に就きたいと思ったことから、

学生時代より国際協力に興味があったそうです。

そして大学卒業後は大手旅行会社に就職し、
訪日旅行事業に携わってきという松尾茜さん。

入社して5年目の時にブータン政府が募集していた、
政府観光局の日本人スタッフに応募した松尾茜さんは、
現地スタッフとして採用され、

この事がキッカケで大手旅行会社を辞めて、
ブータンで働くことになりました。

このことから2016年の放送時松尾茜さんは、

  • JEEF(日本環境教育フォーラム)国際事業部
    ブータン駐在員
  • ブータン王立自然保護協会駐在員

として働いており、

ブータンの観光開発などに携わっていました。

 

ところでブータンが注目されたキッカケのひとつとして、
ブータン国王が来日されたことが記憶に新しく、

国王が震災の被災地を訪問されるなどして、
その見た目や人柄に多くの日本人が好感を持ったと思いますが、

それに加え、
「世界一幸せな国」としても注目されていたことからも、

国王が来日した後はブータンブームが起きて、
ブータン政府へ問い合わせが殺到したそうです。

そんな時問合せに対応するために、
ブータン政府が日本人スタッフを募集し採用されたのが、
松尾茜さんだったということなんですね。

この時からブータンに住んで、
ブータンの観光発展のために働いていた松尾茜さんは、

大手旅行会社と比べて収入がかなり減ったそうです。

しかし収入が少なくても十分暮していけるのが、
このブータンという国で、

物資の豊かさより心の豊かさを重視しており、

例えば水力発電が盛んな国でありながらも、
ムリな自然開発は行わず、

また車社会になりつつあるものの、
その反面ブータンには信号はなく、

その理由と言うのが動物が道路を使うため、
警察官が手旗信号を行っているという話があります。

近代化されつつあるものの、
大事な部分は残しながら発展しているのが、
ブータンという国なんでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

ブータンへはどうやって行くの?

さてこのブータンという国ですが、
国土は九州の大きさ程という小さい国でありながら、
日本と同じく四季折々とあり、

森林に囲まれた自然豊かな国とのこと。

そして何よりも親日家!
ということでも、

いつか行ってみたいな、
なんて思ってしまします^^

そこでブータンへはどうやって行くのか?
調べてみました。

ブータンへは空路で入国する方法があり、

ブータンの航空会社・ドゥルック・エアーで入国します。

しかしながら日本から直接飛行機は出ておらず、
一般的にはバンコクで乗り換えるというルートが主なようです。

ちなみに「ブータン政府観光局」というホームページによると、

羽田からいらっしゃる場合は、深夜羽田発、早朝にバンコク乗り換えで、翌朝にはブータン到着、という旅程が可能です。
(出典:ブータン政府観光局

直行便がないので、
行くまで不安な感じしますね^^;

そこで各旅行会社を通じて申し込みをすれば、
旅行会社がピザから飛行機、
現地の手配まで行ってくれるとのことなので、

旅行会社に申し込んで手配をお任せするというのが、
一番安心といえます。

ちなみに大手旅行会社「JTB」でも、
ブータン王国へのツアーの申し込みができますね!


大手旅行会社のツアーなら、
安心して行くことが出来そうですね!

ただし金額はというと、
成田発の場合でも40万円前後かかるようです^^;

ブータンまでは距離もあるし、
しかも直行便がないので・・・

東アジアの地域と比べて高めの値段になるのは、
仕方ないかもしれませんね☆

 

松尾茜、ブータン人と結婚はどうなったの?

ところで前回2016年の放送では、
ブータンでの仕事の様子や魅力を紹介しつつ、

この先仕事か結婚かで悩む30代の等身大の女性の気持ち、
といった部分も取り上げられていて、

7歳年下のブータン人の男性・ティンレイさんと知り合い、
初めてのデートで告白され、
しかも出会ってわずかな期間でプロポーズされるという、

そんな素敵な出会いがあったのですが、

松尾茜さんは決断出来ずに悩んでいました。

さて今回の放送は、
それからふたりはどうなったのかについて取材されています。

ふたりはその後ブータンで一緒に暮らしているものの、
結婚はしていないそうです。

松尾茜さんは国際機関で働くために必要な、
修士号の取得のため・・・

日本に帰国し、
関西にある国立大学の大学院に通うことを決意されたとのこと。

となると、
愛し合っているふたりは離れ離れになってしまう?

一体どうなってしまうのでしょうか?

そして恋人のティンレイさんがとる、
「まさかの行動」・・・

気になりますね。

この続きは番組で確認したいとこころです。

それにしても、
仕事一筋で将来の夢をもつ女性が結婚を意識したとき、

どう決断し行動するのかー

それは人それぞれだとは思いますが、

しかしながら、
女性として共感できる部分が大いにありそうな、

今回の【ノンフィクション】となりそうですね。

松尾茜さんは今後どうなるのか?

いづれにしても悔いのない選択をして、
幸せになってほしいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)